www.howtoremodelabathroom.org

私には高校時代チャットで出会い、三年ほど友情を深めていた人がいました。 お互い悩みを相談するような間柄で、年は彼のほうがかなり上でしたが、そんな事を気にすることも無く付き合いを続けていました。 そんなある日、その彼から告白されました。 当時好きな人が居なかった私は、暫く待って欲しいと告げました。 そして出した結論は、NOでした。 友人としての彼はものすごく好きでしたし、できればその関係を続けて生きたいと言いました。 表面上は理解を示してくれ、私はほっとしました。 しかし、その後彼は束縛するような言動を取るようになり、着信も一日に10件とかざらでした。 手に負えなくなってしまい、私は着信拒否をしました。 すると、脅しのようなメールが来ました。 メールは暫く続き、非通知でかけてきたり、公衆電話からかけてきたこともありました。 公衆電話からかかってきた時、私は意を決して嫌いだと告げました。 涙が溢れて止まりませんでした。 こんなに口にするのが辛い言葉があるのかと思いました。 それから数年、メールが来ていましたが、警察に通報するというメールを送ると、罵詈雑言のメールが返ってきてそれで事なきを得ました。 友人としてはいい人でも、断ってよかったと心底思っています。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.howtoremodelabathroom.org All Rights Reserved.