www.howtoremodelabathroom.org

高齢になってから子どもと一緒に住める二世帯住宅を建てたい!と思う方も多いでしょう。しかし、高齢になればなるほど、住宅ローンを借りるのは難しくなってきます。 そんな時に活用して欲しいのが親子リレー返済です。親子リレー返済とは、親が住宅ローンの契約をして当初の返済をします。 そして、途中からは子どもが住宅ローンの返済を引き継ぐというシステムです。引き継ぐ子どもは、契約者である親の連帯責任者となります。 万が一、親が急死してしまったら、法的な責任をもって子どもが返済を引き継ぐ意思表示を示すためです。親子リレー返済は公庫融資でも使えます。公庫融資で親子リレー返済を使うための条件を下記にご紹介します。 @2世帯住宅であること  A4つ以上の居住室、2つ以上のトイレ、2つ以上の台所、1つ以上の浴室があること  B区分所有をしないこと  C一戸あたりの住宅部分の床面積が125u以上で、敷地の面積が200u以上であること  D木造住宅である場合は、高耐久木造住宅の基準にあてはまること

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.howtoremodelabathroom.org All Rights Reserved.